【新入荷】wislom「MARCELO」オリジナルのウール生地カットソー

2016春夏。デザイナー藤内裕司氏が作り上げたブランドwislom(ウィズロム)は、structでももはや定番となったハイクオリティなアパレルアイテムを作り上げるブランド。

自らのアトリエを「LAB.(ラボ)」と呼ぶほど実験的であり、かつ合理性を持つ素材を追求しています。

デザイナーの内藤氏は、マーガレットハウエルにて企画デザインを担当し、素材にたいしての見識は広く、研究家と言っても過言ではない、その妥協を許さない姿勢。

その研究の成果が詰め込まれたファブリックを、アパレルへと落とし込んだ姿がWISLOMのアイテムたちです。

だからこそ、ほかのブランドでは見ることの出来ない素材感が、魅力としてWISLOMのアイテムには存在しています。

商品ページへ>>

今回のこのアイテムMARCELOも、そんな素材開発の執念が実ったような、他にない魅力的なアイテムになっています。

用途として、秋物のトップスとして抜群の存在感を。冬にはインナーづかいがしやすい、襟周りや裾の長さが魅力的です。

何より、サーマルシャツのような凹凸と、手に持った時の重量感と「もっちり」としたコシが心地よいアイテム。

ウールとナイロンが作り出すボリューム感は、見た目よりも柔らかでしっかりとした肉厚な印象。

肌に触れる裏面をコットンで仕上げて、肌触りはさらりと意外なほどライトな感じです。

ありものの生地ではない、洋服のために仕立てられた生地の使用感は他に類を見ない着心地となっています。

また、シルエットは夏場、試着で羽織ったそばから離れられなくなり、すぐ人気カラーは売り切れになってしまった「LAURENT」というTシャツのパターンをベースに。

あのTシャツの魅力にハマった方ならわかる、すっきりとしながらももたつきがない、抜群のシルエットになっています。

レイヤードしやすい、裾の長さも絶妙です。ただし、4(S)サイズでもM寄りの大きさがあるため、ウェブで購入される際は、手持ちのシャツと、身幅と丈だけでも大きさを比べていただくと良いかと思います(細身の店長原田だと、少し大きく感じる程度です)。

商品ページへ>>

 
 

Tags: ,