【新入荷】WISLOMのちょうどいいダウンジャケット

自社で生地から開発を行うwislom。

表面に撥水加工と、裏にコーティングを施したナイロン素材「RUGA」を使用した、ダウンジャケットが到着しています。

全てがちょうどいいダウン

シルエットは、定番のボンバージャケット。

丈は短すぎず、インナーを選ばない使い方ができます。

オリジナルの生地である「RUGA」は、品のあるマットな表情。裏コーティングにより生まれたハリが、雄弁に語る存在感をもっています。

シンプルに存在感がある。

mikeyがまさにそうでもあるのですが、structの得意とするアイテムです。

商品ページへ>>

ディテールに止水ジップを配し、ダウンながらも「水に強い」アイテム。

水が侵入するとダウンが水を吸って保温性が失われてしまいます。さらに、乾きにくい内部ではカビの発生なども……

撥水加工と裏コーティングが内部への水の侵入をある程度防いでくれるので、そういう意味でも長く使えるアイテムになっています。

でも、防水というわけではないのでご用心。

水に強いダウンアイテムといえば水沢ダウンと比べたくなるところですが、これは別物と捉えていただきたい

もちろん、ダウンの保温性という一番大切なところは満足いただける品質ですが、プロユースさえ視野に入る水沢ダウンの機能性は、ある意味日常生活では、オーバースペックな部分もあります。

価格や機能を踏まえて、シティー・ユースにこれほどにちょうどいいダウンアイテムはないと言える、ジャケットです。

もちろんそれぞれに魅力があり、長く使うものだからこそ、じっくり比べてみるのもまた楽しみと言えます。

すでに、4(M)サイズが売り切れで、1着のみ再入荷の予定があるだけになっています。

こちらは再入荷次第、各種SNSでお知らせいたします。

商品ページへ>>

水沢ダウンの記事はこちら

 
 

Tags: