【新入荷】履いたら+3度あたたかい! blueover / SHORTY. TR登場

満を持して、SHORTY. TRが入荷しました。

先月くらいからでしょうか、雑誌BeginさんやカジカジさんでこのSHORTY. TRをご紹介いただき、お問い合わせのお電話や店頭でのご質問などを多くいただいていたので、発売を今か今かと待ってくださっていてくださったお客様ももしかしたらいらっしゃるかも…

というわけで長らくお待たせいたしました!

blueover 19AW最後の入荷、SHORTY. TRが店頭及びWEBストアに入荷しております。

SHORTY. TR商品ページへ

2013年に登場して以来人気だったSHORTYのデザインをベースに、木型をmarcoと同じものに変更して、スマートな姿になったSHORTY. TRの登場です。

木型を変更しただけでなく、アイレットステイと履き口のクッションステッチも余白をそぎ落とすなどアッパーパターンを見直しました。

これまでSHORTYにあったどこかポップなイメージから脱却し、大人のスニーカーに生まれ変わっています。

一転、アウトソールはボリュームがあり履き心地の軽いトレイルソールに。

上品ささえ感じるアッパーのパターンと、アクティブな印象のソール。2つの要素のコントラストがSHORTY. TRの特徴と言えます。

今期のSHORTY. TR、実はこれだけじゃありません。

冬にぴったり、足先の寒さを軽減する機能が備わっています。

  • ハイスペックすぎる19AWのSHORTY. TR
  • アッパーの裏材全体をチタンとポリエステルの混紡生地をボンディング加工した素材にしたことで、履いたときに+3度の体感温度を得ることができる
  • アッパーのメイン材に自衛隊やトラックのホロとして採用されている特殊防水帆布を配しています。この生地は通常の防水帆布とは異なり糸段階から樹脂加工を施し、水だけでなく風も防ぐ

つまり、チタンとポリエステルの裏材・特殊防水帆布の表材が互いに補完し合い、寒さから足元を守る構造になっているのです。

アッパーの表材の特殊防水帆布、機能面だけでなく見た目や質感も良いですよね。

ビンテージというか、ミリタリーテイストというか。

この生地、自衛隊や某配送会社のための産業資材なのでこの2色のみの生産というのも面白いところですね。

SHORTY TR.商品ページへ