【イベント】ハンドソーンシューズブランド。竜崇縫靴店オーダー会開催!

竜崇縫靴店 -RYUSOU HOUKATEN-

久保竜治さん、堀場崇夫さん が活動する、ハンドソーンウェルテッドのシューズブランド。

なんと今回、同じ靴ブランドであるblueoverの直営店Structでオーダー会を開催することになりました。

2019年12月7日(土)&8日(日)(両日とも職人在店予定)


左:久保竜治 右:堀場崇夫

手縫いにこだわった彼らの姿勢、そしてひたむきで純粋な靴への思い。

メゾンブランドでも使用されている名タンナー”DuPuy“や”Charles F. Stead”のレザーを用いて靴を作ることは、彼らのアイデンティティの一つ。

竜崇縫靴店の二人の手を通ることで、品格を兼ね備えながらもどこか、ぬけ感のある表情の靴がうまれます。

素材、製法にこだわり抜いた彼らの靴は。ソールの反り返りもしなやかで、

はき心地もソフトな仕上がりです。

中に入っている芯材も銀面付のレザーを用いるなど、耐久性の面でも抜かりはありません。

製法は九分仕立てのハンドソーンウェルテッド。ブルーオーバーの”PHOLUSと同じ製法です。

ソールは高級靴で使用されている”Joh.Rendenbach.jr“を採用。

本当に材料面はとんでもない良い材料を使っています。

アッパーパターンはクラシカルでいつまでも履き続けられるデザイン。

それらをハンドソーンで作り上げた一足となります。

とびきり贅沢な素材と古い時代から伝わる製法でかれらのユーモアをかけ合わせた靴。

それが彼らの生み出す靴の特徴です。

同じ大阪で活動されている彼らと出会い。

会話をすることで感じた、彼らの「靴」とブランドへの想い。

その想いに共感して、今回始めて同じカテゴリーである「靴」というアイテムを

直営店舗Structにてオーダー会を開催することになりました。

さらに、同じ靴ブランド業種だからこそ実現した、

ブルーオーバーと竜崇縫靴店が共同制作した限定モデルRB-01。

こちらもオーダーをしていただけます。

(開催前にも実物は店頭でご覧になれます。)

是非一度足をいれてみてください。

彼らのハンドソーンの技と、その想いをインタビューしました、お時間あるときに御覧ください。

 


【竜崇縫靴店オーダー会】

  • <場所>ストラクト
  • 住所:550-0003 大阪府大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル1F
  • 営業:14:00〜21:00
  • 電話:06-6447-6030
  • WEB:https://www.struct.biz/
  • <日時>
  • 2019年12月7日–8日

<モデル>


D-01  ¥90,000 +TAX

 


 


L-01 ¥95,000+TAX

 


 

 
B-01 ¥125,000 +TAX

 


 


B-02           ¥145,000  +TAX

 


 

竜崇縫靴店×blueover ¥90,000

 


 

ryuji no slipper    ¥27,000 +TAX

ryokan slipper     (s) ¥15,000+TAX

                   (m) ¥17,000+TAX

 


上記のモデルをベースに革とソールを選んでいただきます。

<アッパー>

・KUDU (ベージュ/ダークブラウン)

・GUIDI(ブラック)

<アウトソール>

・JRオークバーグ(レザーソール)

・リッジウェイソール(ラバーソール)

<サイズ展開>

21.0cm〜26.0m (1cm刻み)※サンダル S.M.L

<納期>

1〜2ヶ月(手縫いでの製作の為、注文が多い場合は納期が遅れる場合がございます。)

(blueover designer)