tamaki niime「おかっぱ」struct限定レザーモデル発売

tamaki niimeの靴として、代表の玉木新雌さんとblueoverデザイナーが繰り返しやりとりを行い作り上げた「おかっぱ」モデル。

裏糸にさまざまな色の糸を使用して、一足ずつ違う色合いの仕上がりという特徴を持つこのアイテムは、tamaki niimeのshop&labの2周年イベント「ふたつ会」にて販売開始します。

前回のNIKKI

実はこのモデルには、もう一つstruct限定のレザーモデルが存在します。

こちらも18日よりstruct店舗とWEB限定で販売予定です。

レディースサイズから、ご用意がございます。

¥24,000 + tax

ソフトレザーを使用し、つま先に芯を入れずに全体的に「クタリ」としたニュアンスのある表情が印象的。

レザーとデニム生地という素材の違いにより、アイレットにも違いが生まれて、もう一つの「おかっぱ」ともいうべき大きく違う表情が現れました。

mikeyと同じラストを使用しているため、こちらも少しタイト目から履き慣らし、自分だけの一足に。

blueoverの靴としては、つま先に芯のない印象のものが珍しく映るかもしれません。

しかし、ただダンスシューズらしいデザインを目指したわけではなく、tamaki niimeのご要望と、自分たちのできること。

そして設計上の制約全てが噛み合わさって生まれた細部は、必然的な形を持って作られています。

ぜひ実際の足入れなど、18日からお試しください。

 
 

Tags: , ,