【スタイリング】新生活に新しいカバンを

スタッフのイマイズミです。

4月の新生活に向けて、鞄の用意はお済みでしょうか。

また、就職活動に向けて鞄を探しの方もいらっしゃるかと思います。

僕は、就活時に購入した3wayの無難なビジネスバッグを就職後もそのまま使っていました。

安くてデザインも無難なものを選びましたが、どうもしっくりこず。

特に不満もないけど、満足もせず使い続けていました。

せっかく毎日使うもの。

どうせなら、気分を上げてくれるものを選びたい。

「体験すること」に価値観を見出す「コト」の時代だと言われて久しい現代も、気に入った「モノ」を持つことによる高揚感は変わりません。

もし私が今スーツを着る仕事だったら、というシチュエーションでWONDER BAGGAGEのビジネスバッグを3種類選んでみました。

【GOODMANS SLIM SACK】     

商品ページ

ビジネスシーンにおいてリュックという選択肢は当たり前になった現代。

とはいえ、なるべくフォーマルスタイルを邪魔しないものを選びたいです。

SLIM SACKは文字通り、スリムなマチ幅で、背負ったときの収まり具合が絶妙です。

13インチのPCやA4ファイルがしっかり入るサイズなので、収納力も申し分ありません。

素材は防弾チョッキにも用いられる高強度のバリスターナイロン。

毎日タフに使えるビジネスバッグです。

カラーは、全て黒に統一されビジネス色の強い「ブラック」を選びました。

商品ページ

【CITYTIME SHIELD WR】

商品ページ

スリムサックでは少し容量が心配であれば、SHIELD WRがちょうどいいサイズ。

高い防水性をもったツイルナイロンは、光沢があり上品な雰囲気です。

前胴には濡れた傘や結露したペットボトルを入れられる防水加工が施されたポケットを搭載。

これから到来する梅雨の時期や急な通り雨にも対応できるバックパックです。

商品ページ

【GOODMANS MG ビジネスバッグ】

商品ページ

スマートなリュックもいいけれど、周りとは一味違った、ワンランク上のオーセンティックなカバンが欲しい。

そんな時はGOODMANSシリーズのハイエンドモデル、MG ビジネスバッグ。

持ち手は厚口のベジタブルタンニンレザー、開きの良いエバーフライトジップ。

パーツの素材選びや作りには一切の妥協なし。

細部の拘りに高級感が漂いますが、軽いラウンドを帯びたシルエットでとっつきにくさは微塵も感じられません。

毎日使う相棒として親しみを持てるクラシカルなビジネスバッグです。

カラーは、キャメル色の革とのコントラストが映える「ネイビー」。

商品ページ

【GOODMANS TOTE WR】

商品ページ

着替えや荷物がかさむ場合、大げさなバックパックよりも容量の多いトートバッグの方がスマート。

SHIELD WR同様に光沢のあるツイルナイロンが上品なTOTE WRは、1泊2日程度の荷物がちょうどいいサイズです。

WRシリーズの特徴でもある、独立排水ポケットや止水ファスナーなど防水に特化した仕様。

独立排水ポケットは、ポケット内部に防水加工が施され、濡れた傘や雨具を入れてもメインの内装に影響が及びません。

内装にはメインファスナーを閉じた状態でも使用可能なペットボトルや水筒が収納できるポケットを搭載。

前胴に深さが異なる防水ファスナーポケットが2つあり、内容物のサイズに応じた使い分けが可能です。

カラーは、落ち着いた色味が大人の雰囲気漂う「チョコ」です。

商品ページ

イマイズミ