KUON 2019 Autumn Winter

2019年秋冬のKUON、サイズが欠けているアイテムがほとんどですが、このタイミングなら種類豊富にご覧いただけます。

曇っていて寒い午後、ガラス越しの光で写真を撮りました。

KUONの商品一覧

裂織りプルオーバー

商品ページへ>

人気につき、最後の1着になった裂き織のプルオーバー。

残っている1着のサイズは、なんとMサイズ。これは、試着だけでもしておくべきです。

ちなみに裂き織というのは、裾の切り替え部分に使われている生地のことを指しています。

元々ある生地を、裂いて織りなおすから「裂き織」。

起源は江戸時代の中期の東北地方。貴重な繊維製品を使い切るために使い古した生地を裂き織生地にして再利用していました。

それが今になってみれば新鮮で、一種の芸術のようにも見える。

実際、ほとんどの工程を人の手で行っている裂き織は、普段目にする生地と一線を画すのは当たり前。

また、KUONの裂き織は障がいを抱えた方たちが手掛けています。かっこいいが誰かのためにもなる。生産背景にKUONのフィロソフィーを感じます。

今シーズンの裂き織は今までKUONがつくってきた生地を再利用しているのですが、色味が良いですね。

赤・オレンジ・茶の暖色に交じる、水色・緑・白が映える。存在感があります。

カットソーの上に着たり、コートを羽織ったりとこの冬存分に着たおしてください。おすすめはタートルネックを中に着るスタイリング。

ワイドパンツ

商品ページへ>

KUONの前身的存在である1sin時代から、デニムに定評があるのは皆さんご存知。

これまでstructでセレクトしたKUONのワイドパンツといえば、アーミーテントパンツ。

タックやすその仕上げ、パターンはほぼ共通です。

あの素晴らしいシルエットをもう一度。

デニムは岡山の児島製。

少し懐かしいような。

いやいや、今だからこそ履いてほしいKUONのデニムワイドパンツ。

「これは!」というワイドデニムパンツをお探しの方に是非。

紋刺し子織カーディガン

商品ページへ>

セレクトしないわけにはいかなかった、この紋刺し子織りのカーディガン。

無視できない。この模様が入り乱れる刺し子織り。この色味。このシルエット。

写真で見ると少し奇抜かな?と思うのですが袖を通すと後戻りできません。

なんて言ったらいいでしょうか。圧巻の似合わせかたなんです。

お客様が試着される度に、最高に似合っていて毎回驚くほど。これ本当。

カーディガンという括りにはなっていますが、特に肩周りなど着た印象はジャケットにも近くて上品かつ洒脱。

だから、上にコートを着るのもいいけど、ちょうど今!

アウターが要らないこの季節に、シンプルにシャツに合わせてそのまま出かけてほしい。

コットンの裏地がついていて着心地も申し分なし。しかもけっこうあたたかい。

ちなみに、KUONの刺し子織りは染色家の柳悦孝氏(民藝運動で有名な柳宗悦氏の甥)に師事した大峡健市氏によるもの。

刺し子と言うと手で刺す手刺し子を思い浮かべますが、刺し子織りは言葉の通り織機で織っています。

機械で織ってるというと、現代的な装置でスピーディーに生地が出来上がる様を思い浮かべますが、この刺し子織りは手がかかる上に1時間に1mしか織れないとのこと。1時間に1m…、え?

しかも工場にある何台もの織機を調整しながら大峡さんが一人で動かしているとか。

当然この刺し子織りができるのは、世界でも大峡さん1人ということ。KUONの刺し子織りアイテム、どうりで迫力あるはずですね。

大峡さん、ありがとうございます。

フライトジャケット

商品ページへ>

写真から十分に伝わると思います。この塩縮加工のナイロンの素晴らしい質感。生地の凄味。マットな表情。

是非実際に手に触れて欲しいです。

すでに歴戦の戦士の風格。

KUONならではの友布の裂き織のパッチが、主張しすぎなくてかっこいい。

MA-1の後継にあたるCWUジャケットをベースに感じる、KUONの中綿入りフライトジャケット。

光沢ある生地のMA-1はなんとなく今更感があったり、派手なパッチ使いは気分じゃない。

ひねくれたそこのstruct NIKKI読者の貴方におすすめです。

ちなみに、ハラダ店長の今冬の相棒はこのフライトジャケットです。

メルトンブルゾン

商品ページへ>

このブルゾン、まず目がいくのは袖に配された墨染のレザー。

物を最後まで大事に使う、KUONらしい思想で選ばれた食用牛肉の副産物であるステアハイドカウレザーです。

ちょっと生々しい話し(?)去勢された雄牛の革であるステアハイドは、去勢されていない雄牛の革ブルハイドよりやわらかい。

確かに、実際袖を通すと革と聞いて思い浮かべるあのあたりが強い硬さではなく、しなやかさを感じます。

すなわち着やすい。

そして、脇役的な存在になってしまいがちですが、わたしはメイン素材のこのメルトンがすごく好き。

どれほどの素材を使っているか、説明するまでもない。

一目見ただけで説得力のある、上品な光沢と優しい手触り。

メルトンって、もっと毛羽立っていたりガシっと硬かったり、やけに重かったりするイメージがあるのですが、見事にその悪い期待を裏切ってくれます。

説明するまでもないとか書きましたが、念のため説明すると最高級品質のメリノウールの中からさらに選りすぐりの素材をメルトンに。

その贅沢極まりないマテリアルを見事に一着にまとめたブルゾン。

ロングコートとか着てる場合じゃない。

KUON 過去のNIKKI

このNIKKIを書いている間に、どんどん寒くなってきました。

明日はもっと寒いみたい。いよいよ冬なんですね。

冬の装いに是非、KUONを一着加えてみてください。想像以上の満足感を保証します。

 
 

Tags: