【着回し】デニムとチノパンで20SSアイテム着回し

最近は最高気温が15度を超える日も珍しくない、すっかり春です。

今回はデニムとチノパンの着回しスタイリングサンプルを紹介します。

着回しアイテムその1 デニム

昨日電撃入荷告知をした、DAN×KUON EXCLUSIVE COLLECTION。

中でもデザイン、使いやすさ、価格、どれを取ってもオススメできる、ストラクト一押しのデニムテーパードパンツを着回します。

DAN×KUON EXCLUSIVE COLLECTIONの詳細はバナーから

インパクトのあるスウェットとあわせる

ALOYEのアイテムのいいところは、あれこれ考えて重ね着しなくても、普通にいつものデニムとあわせるだけで「味の決め手」になってくれる。というところ。

スウェットのサイズはあえていつもより1つ大きいものを選んで、すこしゆとりのあるシルエットに。

パンツが裾周りに向けてテーパードしているので、ゆったりしたトップスでもバランスがとれます。

春の行楽、出かけるなら人ごみを避けてちょっとしたアウトドアがいいかも。バックパックはblueoverのオリジナルアイテム。ねじりながら染めた風合いのあるナイロン生地を使っていて、ほどよくシティっぽい。「山!」「頑丈!」って感じのリュックが苦手な人にオススメです。

足元はblueoverの春の新作、SHORTY.TRのGREEN。気になるカラーだけど合わせにくそう、というお声を店頭でよくいただきますが、実は履いたら一番似合いやすい。

デニムと好相性なだけでなく、黒いパンツを良く履く方にもおすすめです。

黒いライトアウターとあわせる

「一回試着したらかっこよすぎて買ってしまう」と店頭で話題のKUONのプルオーバー。

写真で着用しているブラックは少し多めに入荷しているのでまだ在庫がありますが、グレーカラーは残りSサイズ1着のみ。

写真を撮ったタイミング、曇っていて少し寒かったのですが、スタッフ イマイズミによると、このプルオーバーを着るとけっこうあたたかいとか。

まだ肌寒いお花見までの時期、使えるアイテムです。

プルオーバーが目を引くアイテムなので、小物はシンプルに。

mature ha. MILのトレーナーキャップ セージカラーは、どんな服装にも合う便利アイテム。生地はウォータープルーフコットンなので小雨の外出や夏場のフェスにもオススメ。手触りがさらっとしていて花粉もつきにくそう(個人的な感想です)。

足元はmikeyの新しい定番カラー、ブラック。何も説明する必要がないくらい、合わせやすくて確実に使える一足です。

着回しアイテムその2 チノパン

去年の春、ストラクト店頭でのみ発売スタートした、blueoverオリジナルのチノパン。

YOHJI YAMAMOTO氏に師事し、Sartoria Crimiで仕立てを学ばれたデザイナーAki Nagaiさんにデザインをお願いしました。

この、使いやすくて凛々しい雰囲気のあるチノパンを着回します。

ピンク/レッドを差し色にする

ネイビーのチノパンの安心感、万能感たるや…まさしくオールラウンダー。デニムに匹敵するくらい、どんなアイテムでもしっくりきます。

特にピンクやレッドなんかは、スタイルにどう取り入れていいか悩む色ですが、ネイビーのチノパンさえあればうまくまとまる。

こういったスタイリングで大事にしたいのは、取り入れる差し色の選び方。

差し色は、”ピンクと赤”、”オレンジと黄色”などの同じ系統の色にする。これ肝心。

その他の色味はベーシックに、グレー・青系・黒・白にしておくことも大切です。メリハリがつくし、色が喧嘩しにくくなります。

また、アイテムごとに見ても取り入れやすくする意図を感じられます。ALOYEのスウェットは発色の良い赤が入っているとは言え、合わせやすい青、白、グレーと一緒になっている。

mature ha. MILのキャップも、単なるピンクではなくグレーやベージュのようなニュアンスカラーなので、組み合わせる色を選びません。

SHORTY. TRのCream×REDは是非青系のパンツと合わせて欲しい一足。青、白、赤のトリコロールカラーはレトロでシャレた印象を与えます。

ロンTを主役にする

毎シーズン人気が高い、KUONのロンT。

今シーズンの遠州藍織ガンクラブチェックに袖が切り替わったロンTも人気です。黒は僅少ですが、白はまだ全サイズお選びいただけます。

分かり切ったことを言うようですが、ついつい全身黒やネイビーになってしまう人。ロンTを白にするだけで爽やかになるのでおすすめです。

mature ha.のメトロハット、あれよあれよと言う間にネイビーは残り1つだけになりました。かくいうわたしも買って愛用していますが、目深にかぶるこのタイプの帽子はいいですよ。

圧倒的にかぶっている人が多いニットキャップとか、キャップ。レパートリーにメトロハットのような形の帽子を持っておくと、簡単に言うと「髪型かえた」くらいいつもと印象の違いが出て、服選びが楽しくなります。

足元はmikeyのシーズンカラー、mustard。こちらも人気です。サイズ選びはお早めに。

(いつき)