好きっちゃん カレーover vol.1

好きっちゃん。

僕はカレーが好きっちゃん!

こんにちは、ストラクトの「カレー」担当イマイズミです。

僕が大阪に来た理由、ズバリそれはカレー屋の多さです!(大嘘)

というわけで、早速3軒ほど行って参りました!

イマイズミのカレー旅にしばしお付き合いを。

一皿目 / Pimerの「ポタージュカレー」

ストラクトの上の階には美味しい飲食店がたくさん入ってますが、人気カレー店「Pimer」もその一つ。

元々は難波で間借りで営業されていたのですが、昨年京町堀に

職場の2階がカレー屋なんて、至福の極み!

(相変わらずの猫背…)

ハラダ店長もよく食べに行くらしく、店主のヒカルさんとは顔馴染みのようです。

軽く挨拶をしてメニューを見ると、

【ポタージュカレープレート】

の文字。

ここで一つの疑問が頭をもたげます。

「ポタージュカレーとは?」

カレーメニューは日替わりで一種類なので、もちろんそちらを注文。

調理が始まると、カレー屋特有のスパイスの香りというよりは、むしろ洋食屋さんのグラタンやドリアのそれような…

一体どんなカレーが出てくるのか、楽しみです。

・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

これかー、ポタージュカレー!

どうもどうもはじめまして。

挨拶もそこそこに、黄金に輝くスープをひとすくいして口に運んでみると、まろやかさと旨みが詰まった優しい味わい。

なるほど、これはたしかにポタージュ。

だけど、その後方からワラワラとスパイス達の風味が追いかけてきます。

これは初めてのカレー体験!

シンプルに食べ物として「旨い」の一言!

ポタージュカレーさんとは初対面だというのに、僕の舌とめちゃ意気投合してます。

付け合わせもまた好みの味付け。

カリフラワーが美味しかった。

あっという間に完食です。

ごちそうさまでした。

行きつけの店が増えました。

(ちなみにこの後2回行ってます。また行きます)

  • Pimer
  • 〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀2丁目3−4 サンヤマトビル 202
  • 地図はこちら

二皿目 / 旧ヤム邸の「spicyマトン&ポークキーマ 林檎とプルーンの赤ワイン煮のせ」

突然ですが、皆さんは1月22日が何の日か知っていますか?

実は「カレーの日」なんです。

1982年、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことが由来となっています。

そして実際に「カレーの日」として制定されたのは2017年。

そういえばSNSでも「#カレーの日」のハッシュタグとともに美味しそうなカレーの投稿をよく見かけました。

僕もこの日はどこかで美味しいカレーが食べたいと思い、自分の中にいるリトルイマイズミと相談した結果、旧ヤム邸 空掘店に決定。

あいにくの雨模様でしたが、一度カレーと決めてからのメニュー変更は自力では不可能です。

小雨降りしきる中、旧のヤムの邸を目指しました。

空堀商店街の古い長屋をリノベーションして作られた空掘店。

ノスタルジックな佇まいが最高です。

 

日替わりのカレー膳を注文しました。

「一皿一皿オーダーを受けてからスパイスを煮るのでお待たせすることがあります」

という旨の張り紙がありましたが、あっという間に目の前にカレーが運ばれてきました。

いざ!

圧倒的スパイシー!

曲がりなりにもカレー好きを語っている身なので、それなりに香辛料への耐性はあるんですが、持ち前の代謝の良さでもう汗だくです。。。

一息ついたとこで奥に控える林檎とプルーンの赤ワイン煮をいただくと、酸味と甘さがまた刺激的なカレーとめちゃくちゃに合います。

Mー1でかまいたちの漫才を観たときの松ちゃんよろしく、ほんといいコンビやなぁって思いますね。

なんでも、こちらのカレーはその日の作り手によって味が変わるんだそう。

何が出るかわからないガチャガチャみたいで面白いですね。

またカレーガチャを引きに行きたいです。

ごちそうさまでした。

  • 旧ヤム邸空掘店
  • 〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町6丁目4−23
  • 地図はこちら

三皿目 / A Spice & Beatsの「ポークビンダルカレー」

先日、mature ha. の展示会で神戸にお邪魔しました。

朝からとても天気が良く、遠くから聞こえる汽笛の音に、港街の情緒を感じずにいられませんでした。

お昼過ぎ、展示会場を後にした僕は、ある定食屋でのランチを楽しみにしていたのですが、なんとその日はあいにくのお休み….

ぺこぱよろしく「休憩は取ろう!」という心持ちで、パパッとカレーにシフトチェンジ。

Google先生によると、近場に良さげなカレー屋さんがあったので行ってみることに。

細い路地を進んだ先に、そのお店はありました。

入店時は満席だったので、二階の待合室に通されました。

これって結構ありがたいです。特に冬や夏場は。

待合室の片隅にはDJ機材が置いてあったり、音楽イベントのフライヤーがたくさん貼ってあったりと、そっち方面のカルチャーと結びつきが強いお店のよう。

この待ってる時間もまた、カレーを美味しく食べるためにスパイスみたいなもんですね。

5分ほどして呼ばれたので、1階へ降りて厨房と対面するカウンターで「ポークビンダルカレー」を注文します。

元々飲食店でアルバイトをしていたこともあって、厨房が好きなんです。

ワンオペで忙しなくテキパキと調理する店主さんの動きは見ていて全く飽きませんでした。

BGMも洒落てたので何度かShazam(マイクで音楽の曲名を認識するアプリ)をかけてるうちにカレーが到着。

いいビジュアルだ。

等間隔で並ぶピンクペッパーが可愛い。

今こうして写真見てるだけで美味しさを思い出します。

スパイスの香りとカレーソースの酸味、ポークの甘さの三味一体加減といったら…

ずっとカレーはチキン派だったんですけど、ポークもいいんでないの?と思い始めてきました。

辛さは割と控えめで僕にはちょうど良い塩梅。

自分に合う辛さって見つけるのなかなか大変です。

辛さ調整の香辛料も用意してありました。

また神戸に来ることがあったらクラフトビールも飲もうかな。

ごちそうさまでした。

  • A Spice & Beats
  • 〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目9−3
  • 地図はこちら

まだ見ぬカレーを求めて、カレーover!

ありがたいことに、最近はお客様からも美味しいカレー屋やご飯屋さんを教えていただくことが増えました。

行きたいお店が1軒、また1軒と増えていく日々です。

ここ美味しいよ!ってお店があったら、是非とも店頭やSNSで教えていただけたら嬉しいです。

ではまた、どこかのカレー屋でお会いしましょう。

(イマイズミ)